別府海地獄で湯煙プロジェクション「夜の海地獄2015」 [イベント]

ディズニーランドをはじめ多くの場所で使われているプロジェクションマッピング。

別府でも学校に投影するプロジェクションマッピングイベントが以前行われました。

今回は別府海地獄で湯煙に画像を投影するイベント「夜の海地獄2015」が開かれます。

(画像:湯煙の中から出現する「赤鬼」 より)

昼間に見てもあまり地獄のイメージがないコバルトブルーの海地獄。

それが夜の暗さの中ライトアップされプロジェクションが映し出されるといよいよ地獄感が出てきます。

去年も行われたこの企画どんなプロジェクションなのでしょう?

昨年同様の海地獄から上がる大量の湯煙に鬼やコイ、和柄模様などを投写する第1部、新たに制作した同地獄の入り口に位置する築約70年の「長屋門」に画像を投影する第2部、再度湯煙に投影する第3部の全3部構成になっている。
みんなの経済新聞ネットワークより

日本の和の鬼や鯉が映し出されるなら外国の方が喜ばれるかもしれませんね。

湯煙だけと思ったら入り口の長屋門にも投影するんですね。こちらも楽しみです。

8月の29日と30日は天気予報によると別府は雨です。綺麗に見るには9月の天気に期待です。

住んでる人間から言うと昼間よりも夜の方が楽しめると思います。

【公式サイト】大分・別府の観光スポット|海地獄(別府市大字鉄輪、TEL 0977-66-0121)
開催日:8月29日・30日、9月20日~22日。10月以降も月に1度の開催を予定。
開催時間:19時~22時(通常営業は8時~17時)
入場料金:大人=600円、高校生以下=400円(当日、通常営業での入場客は300円で再入場可)。