別府発祥グルメとり天を食べるならココ!厳選美味3店

大分料理を食す

別府グルメで外せないのはとり天です。どこの店でもとり天ありますが、特に食べてほしいとり天厳選3店をご紹介します。どれも特徴のあるクセになるとり天ばかりです。

スポンサーリンク

レストラン東洋軒

帝国ホテルの料理人だった創業者が中華風唐揚げをヒントに考案したもの、それがとり天でした。別府発祥の食べ物として有名です。国産の鶏もも肉を包む衣は、新鮮な卵と家伝のしょうゆで仕上げたサクサク食感。さっぱりヘルシー。どんどん食べられます。

とり天発祥の店 中華料理レストラン東洋軒 / 大分県別府市
大正15年創業以来、別府の食文化の顔として多くの人々に愛されてきた大分県別府市レストラン東洋軒は、中華料理を主体とした大分の郷土料理である名物元祖とり天発祥の店です。現在は別府とり天の名で全国に広まってます。

和音

寿司道40年以上の店主が提供する、関サバ・関アジの刺身をはじめとするメニューの中にある人気メニューとり天。切り方にも技が光る鶏もも肉は、口の中でとろけるようなふわふわ食感。何度もいくリピーターも多い名店。

和音 (別府大学/寿司)
★★★☆☆3.51 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

まやかしや

別府駅東口から歩いてすぐのところにあるまやかしや。むね肉を使った昔ながらのさっぱりタイプと、もも肉を特製ダレにつけこんだ濃厚タイプとり天。とり天には珍しくポン酢などをつけないで頂きます。

まやかしや (別府/和食(その他))
★★★☆☆3.00 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

とり天は全部同じに見えますが、食べると分かる「違い」があります。サクッとした触感や味付け、鶏肉の質に至るまで多種多様です。ぜひ色々な鶏天を楽しんでください。

天丼とよ常 別府駅に着いたら「とよ常」の天丼を食べるべし!
別府で天丼といえば真っ先に名が上がるほど有名なとよ常です。現在2店舗あります。本店は新店舗に移転するため、ランチタイムやディナータイムの込具合が緩和されることを期待しています。 ボリュームたっぷりの天丼は別府に来たら是非食べて欲しい食べ物の1つです。

コメント