[不思議なもの沢山] 別府で別世界に行きたいなら「書肆ゲンシシャ」

別府で温泉
温泉つかる
温泉つかる

人間は不思議な物、ちょっと気持ち悪いものに惹かれる生き物。

書肆ゲンシシャのこだわりは凄いよ!

もし別府に来て、別の世界に行きたないなら書肆ゲンシシャをおススメします。「現代版驚異の陳列室」とHPにある通り、過去の面白いものを集めた不思議な博物館です。

書肆ゲンシシャは驚異の部屋をモデルにつくられた全く新しい複合施設です。驚異の部屋は、15世紀から18世紀にかけてヨーロッパで作られていた、様々な珍品を集めた博物陳列室で、現在の博物館の前身となりました。珍奇なるものを揃えて皆様のご来店をお待ちしております。
書肆ゲンシシャHPより

スポンサーリンク

面白い書肆ゲンシシャのシステム

店内にある本を一時間500円で読むことができます。紅茶かジュース一杯付きです。歴史を感じられる本だけでなく、漫画の歴史を学ぶこともできます。

当店では古くは北澤楽天、岡本一平の時代から、田河水泡、大城のぼる、謝花凡太郎、新関健之助といった戦前から活躍していた漫画家たち、さらには手塚治虫以降のCOM、ガロの漫画家、つげ義春、佐々木マキ、白土三平、赤瀬川原平、宮谷一彦、トキワ荘の漫画家である赤塚不二夫、石ノ森章太郎、水野英子、24年組の萩尾望都、大島弓子、竹宮惠子、山岸凉子、エロ劇画を描いた石井隆、椋陽児、笠間しろう、ニューウェーブと呼ばれた大友克洋、高野文子、時代くだって吉田秋生、紡木たく、いくえみ綾などの往年の名作を描いた少女マンガ家、近年では志村貴子、中村明日美子、今日マチ子、渡辺ペコ、ヤマシタトモコなどを店内の上質なソファーに座り、あるいは寝そべりながらお読みいただけます。さらにはメビウス、スクイテン、クレパックスといった海外の漫画を日本語に訳したものも読むことができます。
書肆ゲンシシャHPより

これだけの貴重な本をじっくり一時間500円で読めるのなら安いものです。ちょっと面白いものを見たいなら書肆ゲンシシャを別府観光の予定に組み込みましょう。別府駅からも歩いて15分~で行けるばしょにあります。

スポンサーリンク

書肆ゲンシシャで見れるもの一部

写真付きの詳しい詳細は↓のHPでたっぷり見れます。

なにこの世界…未知との遭遇だらけ!驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」
別府公園のほど近く、「青山コーヒー舎」の隣にひっそりと店を構える「書肆ゲンシシャ」。書肆は「しょし」と読み、本屋・書店という意味です。はたから見る限りでは、そこまで怪しげな様子もありません。ところがところが!扉を開けたらそこは異空間。本当に

温泉だけではなく、別府に来た際には古い歴史を読むことのできる「書肆ゲンシシャ」に来ることもお忘れなく!

温泉つかる
温泉つかる

一時間じゃ足りないよ。せめてに二時間はいるだろうね。

書肆ゲンシシャ/幻視者の集い | 書肆ゲンシシャは別府に位置する古本屋・出版社・カルチャーセンターです。
半日で回れる!別府駅から公共機関と徒歩で行く観光3コース
別府は温泉と地獄で有名なのは知ってるけどどうやって観光しよう?と迷うかもしれません。別府駅出発してバスとJRと徒歩で回ることができる観光パターン3つ紹介します。3-5時間で回ることができるので一泊二日の短い滞在、レンタカー無しでも十分別府を堪能できます。

コメント